自転車に乗れなくたって良いじゃんか!!

自転車に乗れない女がミニベロに乗り始めた成長(予定)記録。

何度目か分からないけれど海に行こう

▶女子メンバーで海に行く予定が、私の遅刻で2人になってしまった……。

 天気も微妙で海は灰色!! 癒しを求めてゆっくりサイクリング。

 

 

1.仲間が増えたら海へ行こう(その2)

も「海に行きたい

 

 という呟きから始まった(記憶が曖昧)ライド計画。

 私と もちゃん は昨年一緒に海を見に行っていた。

 

abab-bh.hatenablog.com

 

 今年から仲間に加わった 悠ちゃん とはまだ行っていない。

 というわけで、3人で行こうとなった。

 時間と体力を考えて、目的地を海沿いの道の駅にするか、神社にするかで悩んだりしたが。

 

 最終的に、私が集合場所へ行くための電車に乗り遅れたために、もちゃん が時間的に厳しいということで、私と 悠ちゃん の2人で走ることになった。

 とても申し訳ない。

 申し訳なさがいっぱいだったので、すごすごと先頭をひかせていただいた……。

 

2.どんより天気と癒しの猫カフェ

 決行日、5月下旬。天気:曇り

 

 駅で 悠ちゃん と合流する。小雨がぱらついていたが、降水確率はそこまで高くないので、そのまま走ることに。

 今日も全体的に見れば、平坦基調。一部坂はあるが、全体的には平坦部分が多い。

 

 駅から目的地の海までは約15km。

 車道の左端を黙々と走る。

 小さな坂をいくつか越えるも、順調に走っていく。

 

 目的地の3km手前。ここから海までは短距離だがグッと登る坂が2つある。

 その1つ目を登れば神社があり、その神社を越えた先に2つ目の坂、それを越えて下れば海である。

 

 1つ目の手前。

 ロードバイクの団体様に抜かれた。男性3人だった。

 ロードバイク格好良い、ついていきたい!!

 そう思い追いかけようとするが、さすがに付いては行けず……。

 

 登りきると、神社前の信号で引っかかった。

 信号の向こうには、先程の男性3人。停車し、誰かを待っている様子。

 すると、私たちの後ろから、男性1人、女性2人のロードバイクに乗った方が。どうやら全員で6人の団体様だった様子。

 初心者の方をフォローしつつ走っていらっしゃったようで、会社か何かのサークルかなぁと感じた。

 

 信号が変わり、どうやら6名のローディさんも私たちも、海に向かう様子。

 先に走り出した私たち。

 これは逃げ切りたい。

 

 海まで(1.5km)絶対逃げ切ってやる。

 

 ということで、気持ち的にはTT開始。

 というか、純粋に後ろにローディの団体様がいらっしゃるというのは、プレッシャーだった。抜きにくいだろうから、サッサと走らなきゃ、とか思ってしまった。

 

 そして、後から確認したら、本当にstravaのTT区間だった(笑)

 私も 悠ちゃん も、女性の中では平均的なタイムを出していた。ロードでもないのに頑張ったタイムとなった。

 実際、後ろのローディさんには追い付かれず、無事に海へ到着。

 

私「あのローディさんたち、たぶん灯台まで登るんだと思う……」

悠「本当だ。その方向に行った……」

 

 凄いなぁ、頑張れ~。

 などと言いながら、私たちは目的地で写真撮影。

 

f:id:smile-at-love-427:20160708234840j:plain

 

 アプリ通しても、この微妙な天気……。

 

 疲れた~、お腹空いた~。

 というわけで、前回同様のハンバーガー屋さんへ。

 そこに行くためには、先程TTをした場所を再度登る必要があったのだが、ヒィヒィ言いながら頑張った。

 

 お腹が空いていたので、写真を撮ることを忘れて食べきった。

 お腹が空いたところへのお肉は、体が喜んでいる感じがする。

 

 さてさて。それでも時間はまだ14時にもなっていない。

 ならば、悠ちゃん 行きつけの猫カフェに行こうとなった。

 

f:id:smile-at-love-427:20160708235309j:plain

 

 猫の心理を上手くつき、上手に猫と戯れる 悠ちゃん。

 私は猫様と上手く付き合えなかったので、お犬様に癒される。

 

f:id:smile-at-love-427:20160708235415j:plain

 

 柴犬って、なぜこんなにも可愛いのでしょうか。

 ふっさふさのモッフモフ。癒される。

 

 がっつり1時間30分? 2時間? 程度、堪能した。

 

3.帰路

 順調に帰りつつ、時間と体力に余裕があったため、集合場所の駅を通過し自走で帰ることにした。

 その旨を伝えると、悠ちゃん がまたしても途中まで一緒に走ってくれると。優しい……すぐ言葉に甘えた。

 

 朝から走り出して約40km。

 B市サイクリングロードのほぼ終点付近まで、見送ってもらい、そこで解散した。

  家まであと約25km。

 

 時間的にも体力的にも余裕。

 サクサクっと走り、自宅まで残り10km程度。

 

 パンクした。

 

 うわー、1ヵ月ぶりのパンクだー、すご~い、久しぶりーー!!棒

 

 ふっざけんなよ!!!!

 チューブもタイヤも新品。

 多くても週1でしか走らないために、空気圧は毎度測って入れ直し。

 小石などは可能なだけ避けている。

 何が悪いんだ!!

 

 慣れてしまったパンクに対し、気付いたら出来るようになったパンク修理を行う。

 私はパッチを持っておらず、チューブ交換しか出来ない装備で走るスタイル(一応、どっちも分かる)。

 2ヶ月で5回目のパンク。嫌でも出来るようになる。

 

 原因は、どこで踏んだのか分からないが、タイヤにガラス片が刺さっていた。

 内心キレた。

 

 さすがにチューブ交換だけでは不安だったので、すぐ近くのショップに行き、タイヤに貼るためのパッチを求めた。

「タイヤ用はないけど、気休めにチューブ用でも貼る?」

 と、店主さんがパッチを1枚から売ってくださり、諸々貸してくださった。ありがたい。

 

店「今日、どこ走っていたの?」

私「B市の神社辺りまで行って、帰ってきました」

店「……来週の日曜、暇? 一緒にサイクリング行かない?」

私「私、ミニベロ初心者ですよ?」

店「レンタル用のロードバイクを貸すよ」

 

私「私、ここでミニベロ買っていないですし、何も大きな買い物していないですし、今後もしばらくはロードバイク買う予定ないですよ? それでも良いですか?」

店「そういうんじゃないから、良いよ」

 

 素直に言う私も私だが(申し訳ない気持ちが抑えきれなかった)、それに対してまさかOKしてもらえるとは思わなかった。

 優しすぎないか……?

 

私「行っても良いですか?」

店「もちろん!!」

 

 というわけで、パンクが繋いでくれたご縁で、サイクリングに行くことが決定した。

 

店「場所は、岡山県の片鉄ロマン街道サイクリングロードね」

 と、場所の説明も受けた。

 雰囲気が良さそう。距離もそこそこあるが、私以外にも初心者がいるということで、少しばかり安心した。

 連絡先を伝え、本当の本当に帰宅した。

 

4.感想

  • 65km、獲得標高209m、移動時間4時間だった。
  • 少しばかりの坂であれば、前よりは怖くなくなったかな。
  • アニマルセラピー、本当に癒される。
  • 悠ちゃん のstravaデビュー👏
  • 電車に乗れないような遅刻はしないように気を引き締めます。
  • パンクするの本当謎!! なんで!? 多くない!? おかしくない!?
  • 気付いたらサイクリングすることになった。いつものメンバー以外と走るのは初めてだから、緊張する。