自転車に乗れなくたって良いじゃんか!!

自転車に乗れない女がミニベロに乗り始めた成長(予定)記録。

試乗会なるものに行ってきた

▶DEROSAの試乗会に行ってみた。

 そして、気付いたら山を登っていた。

 

 

1.試乗会に行こう

 4月中旬。

 DEROSA試乗会があるということで、いつものメンバー(私、彼氏、もちゃん、悠ちゃん)で行ってみた。

 

f:id:smile-at-love-427:20160702224419j:plain

 

 行ってみると、DEROSAのバイクがズラリ。

 私自身は、DEROSAはNIPPOが乗っているメーカーだとか、御堂筋くんの自転車だとか、そういう認識しかなかった。

 でも、ズラリと並んでいる姿を見ると、テンションが上がる。

 

 彼氏は片っ端から乗り、試乗会を堪能していた。

 お店の方やその場で一緒になったお客さんと盛り上がっていた。

 

 一方、女子。

 3人の平均身長150cm

 その日あったロードの中では1台しか乗れるサイズがなかった。

 初心者でも乗って良いとのことで、ありがたく試乗させていただいた。

 

 もちゃん

 さすがロードバイクに乗っているだけはあって、楽そう。

 

も「サドルが良い!! 柔らかい!! サドル欲しい!!

 

 サドルが合わないことに悩んでいる彼女は、とにかくサドルが良かったらしかった。あと、ハートマークはやはり可愛いよね、分かる。

 

 悠ちゃん

 クロスバイクに乗っているため、ロードが新鮮といった感じ。

 

悠「軽い!! 進む感じが違う!!

 

 サクサクと乗りこなす 悠ちゃん。

 ドロップハンドルに戸惑ったとか何とか言っていたが、見てる側からしたらそうは見えなかった。

 

 私。

 乗る前から、左前右後ろブレーキと、いつものブレーキと逆の組み方に混乱。

 ロードバイク、大きいのに軽いって、何度触っても衝撃的。

 ハンドリングの感じが、全く違うので戸惑う。一漕ぎで一気に進むが、ハンドルの操作性としてはミニベロの方がダイレクトな感じがした。

 

2.気付いたら山に登っていた

 ひとしきり試乗会を堪能した後、せっかく会場まで自転車で行くのだから少しばかりサイクリングをしてから解散することに。

 当初の予定では、離島まで行く予定だったが時間の関係から変更し、その手前で帰ることに。

 

 もちゃん と 悠ちゃん は初めての道。

 

abab-bh.hatenablog.com

 

 このときに足をついた最初の登り。

 

彼「今こそ11速の力を見せるとき!! 行け!! アタックだ!!

 

 謎の指示が飛ぶ。

 素直に従いアタック(といっても、ダンシングできないのでシッティング)をかけるも、登りきる前に力尽きて減速。

 もちゃん も一緒にスッと登った。

 悠ちゃん も、脚をつかずに登りきった。

 

 このとき、本気で

「私、皆より早く乗り始めて良かった……これで同時期に始めていたら、皆についていける気がしなかったわ……」

 と思った。

 

 

 その後もトラブルなく、順調に離島の前まで到着。

 そこから先は折り返すのではなく、別の道で帰ることに。

 その道は、彼氏しか知らない。私も未知の場所。

 

 その結果、辿り着いた場所は坂だった。

 壁に見えるような坂だった。

 

 帰ってstravaを見ると、約2kmで80m登っていた。頂上は標高103m。直線距離での坂は、見た目から精神力を削いでくる。

 坂ではなく、だった。名前に山が入っていた。

 

 女子全員、坂嫌い

 半分くらい登ったところにある開けた場所で、1度休憩。

 う~ん、キツい。

 キツいが、まぁ絶望する程でもなく、いやらしい感じの坂だと感じた。ギアがある……コンパクトクランク&11速化の効果が出ていた。

 

 残り半分。

 先頭を走っていると、後ろからキャイキャイした声が聞こえてきた。

 何かあったのかと思って振り向くと、彼氏が2人の背中を押していた。坂(山)に連れてきた責任を取っていた?

 

 じわじわ登り、一気に下る。

 それさえ終われば、あとは来た道(平坦)を帰るのみ。

 

 結果的に21km、獲得標高240mだった。

 確かに、距離のわりに登ったなぁという印象。

 

3.感想

  • 試乗会に行く道中。走り出して5分もないうちにパンクした。パンクし過ぎである。空気圧等気を付けているのに、なぜだ。
  • 山、疲れた。最初に坂を見たときは萎えたが、登り始めてみると意外と行けたので、終わってみれば楽しかった。
  • 次は足つきなしで登ることを目指して、どっかで再挑戦したい!!