自転車に乗れなくたって良いじゃんか!!

自転車に乗れない女がミニベロに乗り始めた成長(予定)記録。

買って1年でフレームとフォーク以外、総入れ替えした話③

▶最後。主に見た目編。そして、まとめ。

 

 

1.気付いたら青くなる

 すでにブログ内でしょっちゅう出ている“気付いたら”

 これが出てくるときは、大体私が良く分かっていない(けれど承諾はしている)ことを、彼氏が全部やってくれているときに出てくるワードである。

 

 改めて、現在のミニベロ。

f:id:smile-at-love-427:20160612194258j:plain

 

a)最初は自然に……

 青くなり始めたきっかけは、バーテープである。

 

f:id:smile-at-love-427:20160612212249j:plain

f:id:smile-at-love-427:20160612212309j:plain

 

 BHロゴの入ったバーテープを彼氏が見付けてくれた。色も様々だったが、これを選んだのは私である。

 理由は、私がBHを好きな理由に関わる。

 それは、ロゴのうざさだ。

 BHのロードバイクは、“BH”の2文字がたくさん入っているものが多い。G6PROは15個くらい書かれていたはずだ。最高にうざ可愛い

 一方、Pinoはシンプルだ。うざくない。

 ならば、バーテープでうざくしようと思った。ついでに、色合いはフレームに入っている色に合わせようと思った。

 

 その結果、このうざいバーテープである。

 可愛いし、格好良いし、最高である☺👏

 クッション性もあり、握った感じも良い。

 

b)彼氏の秘策にはまる

 ブレーキを変えてもらったときだった気がするが。

 彼氏による整備から帰ってきたミニベロ。

 なぜか、ブレーキのアウターケーブル(しかも1か所だけ)が黒からに変わっていた。

 

 ドヤ顔の彼氏だったが、珍しく一切私に事前相談がなかった。それどころか、このまま気付かなかったら、徐々にアウターケーブルすべてを青くしていこうと思っていたらしい。

 

 まぁしかし、それはそれで面白いというか……。

 

 なんかもう、いっそのこと全部青くした方が良いんじゃない?

 

 と、私は思ってしまった。

 そこで、105化してもらうときに、一緒にすべて交換してもらうことにした。

 まんまと彼氏の思惑にはまり、一気に青くなった👏

 

c)積極的に青くする

 shimanoブラケットカバーを出した。

 その記事を見付けたとき、即彼氏に連絡した。

 

私「ねぇ、これでブラケットカバーも青くできるんだけど!!

しかもミニベロを105化したから、これ使える!!

彼「俺も緑にしたい(彼のロードバイクはとにかく緑)!!

送料を抑えるために、一緒に頼もう!!」

 

 というわけで、即購入が決まった。

 

f:id:smile-at-love-427:20160612214600j:plain

f:id:smile-at-love-427:20160612214650j:plain

f:id:smile-at-love-427:20160612214730j:plain

 

 ブラケットカバーと一緒にヘッドキャップも変えてもらった。

 ヘッドキャップは、

 

彼「お土産。ちょっとボーイッシュすぎるから、女の子らしさを入れよう」

 

 とのこと。

 

 ブラケットカバーは、ソフトタイプを選んだ。柔らかく握りやすい。そして何より、バーテープとの相性が最高だ👏

 

 こうして、細かい様々なところを青くした。

 タイヤも青いラインが入っている。ホイールは、BHロゴに似たものを作り販売されている方がいらっしゃったので、購入して貼り付けた。

 

2.まとめ:グレードアップで気持ちは前向きに!!

 私は、別段メカ的な面は興味がない

 ロードレースも見はするが、機材に関しては話を聞いてもさっぱりだ。

 

「そもそも、そういうのはある程度力がある人が弄るものだ。

 私みたいに自転車にやっと乗れるようになった人間は、まずは自分を鍛えることが先だろう」

 

 そう思っていた。

 今でも、「メカが良くてもエンジンがクソなら結果はクソだ」と思っていることに変わりはない。

 だが、今は

 

「これほどまでに良いミニベロに見合うエンジンになれるよう頑張ろう!!

 

 そう思うようになった。

 機材をグレードアップしても……という話を彼氏にした際

 

彼「力量とか関係なく、同じくらいの力で漕いだとき、楽にいっぱい進める方が良いに決まってるじゃん」

 

 そう言われて、吹っ切れた。

 実際、グレードアップしてもらって、かなり楽になった。

 次の記事からは、グレードアップしたミニベロで走った記録になる。3月にグレードアップが完了してからわずか2ヶ月。

 これまでの記事は

辛い、楽しくない、とにかく走り切れたから良かった

 それしか感じなかった。

 ここから先は、

は~!! 超楽しいんだけど!! しかも達成感がある!! 自転車乗りたい!!

 に変わる。

 

 それは、1回1回、ライドの積み重ねの結果なのだが、積み重ねられるほど自転車に乗ることに抵抗がなくなったのは、このグレードアップが大きな要因になっている。

 

 私はマイナススタートだった。今、やっとプラマイ0。

 自転車に乗ること自体に対する抵抗は強い。

 だからこそ、ズルじゃないが実力以外で楽になれる方法があるならば、それをして正解だった。

 

 強い人がメカにこだわるのは当たり前。

 けれど、クソみたいに弱い人だって、むしろ楽しむために改造するのは大いに力になるのだと実感した。

 

 ミニベロの性能、良し悪しどちらも今後書くつもりだ。

 けれど、私は行ける場所を増やしてくれて自分を成長させてくれた、私のミニベロPinoが大好きだし、今後もたくさん乗ろうと思っている。

 

 いつかはロードバイクを買いたいけれど、それまで10年くらいはPinoと一緒にたくさん挑戦したい☺

 

4.関連記事

 

abab-bh.hatenablog.com

 

 

abab-bh.hatenablog.com