読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車に乗れなくたって良いじゃんか!!

自転車に乗れない女がミニベロに乗り始めた成長(予定)記録。

目標②:桜を目指して、30km走ろう

▶私は花見がしたかっただけだ。サイクリングがしたかったわけではない。

 

 

1.目標設定

 今回の目標は「30km走る」ことである。

「前回の目標から刻み過ぎじゃない?笑」

 という感じだが、ヘタレにはこのくらいの刻み度合いの方が丁度良い。

 

 また、正確には、登りを含んだ30kmである。

 きちんと斜度を測る術を持っていなかったために、どのくらいのキツさか、数値で示せないことが辛い。

 

2.30kmサイクリング~輪行もしたよ~

 2015年4月上旬。桜が咲き誇る季節。

 花見をするために自転車に乗る日が来るとは思わなかった。

 

 4月にしては日差しが強すぎるほどの晴天。同行者、彼氏。

 距離を短くし、登りに力を入れられるように準最寄り駅まで輪行することにした。

 そんなわけで、輪行バッグを買った。

 

 調べたところによると、ミニベロの輪行にも様々な方法があるらしい。

 また、"ミニベロ"には"折り畳み自転車"も含まれるため、輪行しやすいというイメージがあるようだ。

 しかし、Pinoは"ロード系ミニベロ"。もちろん折り畳めない。むしろ、タイヤが小さいだけでフレームサイズはロードバイクと変わらない。

 というわけで、ロードバイクと同様に、前後輪外しの輪行方法を採用した。

 

 私のミニベロはクロモリフレーム。しかも、当時のホイールとタイヤがクソ重かった。全部で11kg(?)とかだった気がする。

 脚も貧弱だが、腕力もない。

「ミニベロの輪行は楽」

 は嘘である。嘘というか、言葉が足りていない。

 そもそも、ミニベロはクロモリとアルミのフレームが大半ではないだろうか。その時点で重たい。カーボンフレームのロードバイクの方が遥かに軽い。

 折り畳み自転車は小さいし、すぐ畳めるし、すぐ袋に入れられるし、きっと軽いのでしょう。

(私自身は、ロードもミニベロも折り畳み自転車の知識もほぼ0です。)

 ロード系ミニベロは、そうでもないんだなー、車種によるんだなー。

 

 なんて、そのときは思っていない。

 

「は~!! Pinoちゃん、ちょっと重くないですかー!? 私の筋力に合わせてダイエットしてー!!」

 

 そんな輪行を終え、準最寄り駅へ。

    この時点で、少し疲れ気味。

 

 ここから片道15kmは、なんかもう記憶がないくらいにクソ坂だった。

「ギアが足りない」

 この言葉が、自然と口からこぼれた。

さらに、 "自転車通行可"の歩道がない……というか、そもそも歩道がない。 そのため、ずっと車道を行く。怖い。

 坂のキツさのせいでスピードが出ないため、より不安定になる。しかし、ふらついたり落車したらやられる。

 なんだこのチキンレースは……。

 

 途中、坂の頂上にあった道の駅で、あまりの暑さにソフトクリームに舌鼓を打った。

 

 その後もゆったり走って目的地へ。

 

f:id:smile-at-love-427:20160609173515j:plain

 

 土手に続く桜並木。とても美しかった。

 お腹も減っていたので、屋台で食べ物を購入し、お腹も満たした。

 

 そして、寝た。

 ここまで15kmくらいしか走っていない。しかし、疲労度はMAX。帰れる自信はない。

 一応、ここにも電車が通っている。出発点にした駅を"準"最寄り駅としたのは、路線を変えれば正式な最寄り駅があったからだ。

 輪行バッグもある。

 しかし、なぜかこのときは、準最寄り駅まで自走しなければと思っていた。

 

 なので、心置きなく30分程度スヤァ( ˘ω˘)した。

 

 

 帰路。

 さすがに疲労が酷かったので、土手沿いを走り、大きな坂を1つ回避することにした。

 それでも辛く、気付いたら彼氏が車が来ない時を見計らって背中を押してくれていた。

 

 だがしかし、背中を押されなれていない私は、押される間全力でペダリング。そのために、心拍数が一気に上がる。

 背中を押される、というのも技術が要るんだなぁ、と思った。

 

 キツかった。乗り始めて2か月でここに来たのは間違いだと思った。

 しかし、ここでキツい思いをしたがゆえに、それ以降

「花見サイクリングのときの方がキツかった!!」

 という気持ちで坂を迎えることが出来るようになった。

 

 坂を受け入れるとは言っていない。

 

3.感想

  • 坂なんて大嫌いだ!!
  • Pino重たいよ、ダイエットしよ!!
  • 1番軽いギア……軽い、とは!?
  • 坂でもっと息が出来るようにならないと、前頭葉が弾けそう!!
  • 桜の綺麗さより、坂が上れたことの方が感動した!!
  • 30km走れて良かったです!! 以上!!