自転車に乗れなくたって良いじゃんか!!

自転車に乗れない女がミニベロに乗り始めた成長(予定)記録。

なぜミニベロを買ったのか(納車)

▶私がロード系ミニベロ、BHのPinoを選んだ理由。

 

 

1.なぜロード系ミニベロを選んだのか

  • ロードバイクの彼氏と一緒に走るには、スポーツバイクである必要があった。
  • 自転車乗れない人間だし、買っても20kmとかしか走らない、走れないだろう。
  • もしサイクリングにハマらなかったときのために、カゴなどを付けて町中で日常生活で使えるものが良い。
  • クロスは何か大きくて怖い(自転車乗れない人間による偏見)。

 

2.なぜPinoを選んだのか

  • 女の子に人気のビ○○○だけは、何か絶対に嫌だ。
  • ドロップハンドルの方が疲れにくいらしい。
  • ミニベロならクロモリフレームの方が振動吸収良いらしい。
  • 見た目がドンピシャ好み。しかもBHが唯一出した(そういうのに弱い)もの。
  • 丁度モデルチェンジの時期で、40%オフ(10万以下)で買えた。

 

3.納車

 以上のような基準から選んだPinoだったが2点、問題があった。

 

 1点目は、県内で取り扱っている店がないということ。その理由は、BHジャパンがまだ設立されていなかったからだろう。厳密に言えば1店舗だけあったようだが、片道4時間はかかるので諦めた。

 その結果、県外の店舗で買うしかなかった。

 

 2点目は、サイズの選択肢が2種類しかなかったこと。XS~Lまで展開しているようなロードバイクとは違い、大きいか小さいかの2サイズ。

 しかも、小さいサイズが小さくない。彼氏が見積もってくれたところによれば、小さい方でも160cmは身長が欲しいレベル……。

 私、150cmちょいなのですが、それは……。

 ただ、腕の長さは足りないが、股下の長さは足りていた(ドヤ顔)ため、乗れないこともない。

 

 そうまでしてでも、Pinoが良いと見惚れてしまった。ミニベロの良さは"見た目の可愛さ"も含まれるのだが、存分に私の心臓を射抜いてくれた。

 

 そうして、2015年1月。大雨の中、宅配による納車が行われた。

 ただ、このままでは走れないので、防犯登録等をしてもらうために近所のショップに持ち込んだ。本来はあまり良くない、好まれない行為であるのに、優しく対応してくださった店長さんには感謝してもしきれない。

 ヘルメットや空気入れ等も、ショップで購入。

 

 そしてフィッテング。ついに、Pinoに跨るとき――。

 

店長「じゃあ、跨ってみて。自転車は固定されていて、倒れないから大丈夫だよ」

私「え、高っ、跨げなっ――」

 

ボキッ

 

店長「ちょっww 今、股関節から凄い音したけどww」

私「だ、大丈夫です、たぶん……」

 

 普段開脚することのない脚の付け根が悲鳴第一号をあげた瞬間だった。

 それでも、跨げないことはなかったので、クリア。

 問題は、腕の長さが足りないこと。また、腹筋背筋が貧弱であるために、腕の長さを補うだけの前傾姿勢が取れないことだった。

 店に在庫のあった1番短いステムに替えてもらっても、まだ厳しい。ブレーキがしっかり握れない。

 

店長「よし分かった。下ハンを捨てよう!!」

 

 ブレーキ(ブラケット)までの距離を短くするために、ハンドルを水平ではなく斜めに上げる店長。そうすると、十分にブレーキを握れるようになった。

 

 そうして、初期装備が完成したPinoがこちら(その1ヵ月後くらいに撮影)⇓

 

f:id:smile-at-love-427:20160608222959j:plain

 

 すごい!! めっちゃハンドル上向いてる!! 斬新!!

 色白で、とても可愛い、very cute♥

 

 ただ、約1年経った現時点で買ったときと変わらないパーツは、最早フレームだけである。

 

 こうして、Pinoとの共同生活が始まった。